PR
ninja
<< フェブラリーステークス出走登録馬(2006年) | main | 桜花賞豆知識(2007) >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.06 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


高松宮記念必勝データ(2007年)

2007年の高松宮記念を過去の検証攻略!
1996年にG1昇格。
1998年に高松宮杯から高松宮記念にレース名を変更。
2000年に5月から3月に施行時期を変更。
3月施行になった2000年以降のデータを検証してみる。


〜袷

中心は9連対の阪急杯組。
昨年も同レース3着のオレハマッテルゼが優勝している。
連対した9頭のうち8頭が1〜4着。
それ以外は1200mで1着かG1連対馬に限られれている。


∩袷着順

連対馬14頭のうち13頭が前走または前々走で掲示板に入っている。
前2走とも6着以下はいらない。


5喙

2002年は逃げた2頭での決着だったものの、それ以外は差し脚質が
ほとんど連対している。
勝ち時計は最速でも1分07秒9。
極端な時計勝負にはならないようだ。


で藁

4歳  03/36頭 連対率8.3%
5歳  06/31頭 連対率19.4%
6歳  04/35頭 連対率11.4%
7歳  01/16頭 連対率6.3%
8歳上 00/ 7頭 連対率0.0%

5・6歳馬が中心になっている。
7歳以上は割引。


Δ泙箸

阪急杯ではハナ差で3着のスズカフェニックスを筆頭。
プリサイスマシーンは年齢が若干気になる。
阪急杯以外ではエムウォーウィナー。

スポンサーサイト

  • 2007.04.06 Friday
  • -
  • 19:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/03/23 10:18 PM
selected entries
categories
Relation Key word

・競馬
・競馬予想
・競馬必勝法
・JRA
・中央競馬
・馬券
・G1
・騎手
・ジョッキー
・万馬券
・I−PAT

Google
archives
search this site.
others
              
sponsored links